化粧品ビジネスサポート専門家のブログ

サニー行政書士事務所

  • 0424074814

    電話受付 平日10:00~18:00

  • メールでのご依頼はこちらから

代表ブログ

INCI名申請に係るPCPCからの追加質問の回答期限

INCI名命名ルール、手続プロセスに関すること 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 本日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。 今日は、INCI名登録申請のプロセスの中で、ある意味最も重要なウェイトを占める、PCPCとのやり取りについて、その大切な注意点を1つ取り上げたいと思います。   1.PCPCからの追加質問と...
> 続きはこちら

2017年第1回目のINCI名審査委員会予定

INCI名命名委員会のスケジュール 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 2017年の、PCPCにおけるINCI名審査委員会の予定について、ここ2週間くらい、何回か問合せを繰り返してきましたが、ようやく2017年1月期と、3月期のスケジュールが確定したとの連絡が来ました。 2017年1月期の審査委員会予定日: 1月25日、2...
> 続きはこちら

INCI名は随時改訂されます

その他、INCI名、日本語成分表示名称に関するお役立ち情報等 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 本日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。 今日は、INCI名の改訂(名称変更)について取り上げてみたいと思います。 理由として、ちょうど先日この件に深く関わる案件に携わったこともあり、自身の備忘録としても書き留めておきたいと思いました。 &n...
> 続きはこちら

薬機法は意外に身近な所にも

薬事法務に臨む姿勢 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 今日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。 当事務所は化粧品薬事という分野を主力業務としています。 この業務分野に一番密接に関わるのが、薬事法、今では法律名が変わり、通称で薬機法といいますが、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等...
> 続きはこちら

化粧品のインターネット広告適正化推進

表示および広告チェック 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 本日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。 ちょうど今日、日本化粧品工業連合会(粧工連)の傘下会員向けにEメールで通知が届きました。 内容は、「化粧品等のインターネット広告の適正化推進について」というもので、一言でいえばインターネット上における...
> 続きはこちら

化粧品を並行輸入する是非を考える

化粧品輸入サポート全般 

こんにちは。 サニー行政書士事務所代表の岡村です。 本日もブログをご覧下さり、ありがとうございます。 最近、立て続けに「化粧品の並行輸入」に関するお問い合わせをいただきました。 ◇化粧品を並行輸入の形で日本に持ってきて売りたい。具体的な手続きは何か? ◇並行輸入はそもそもやっていいことなのか、悪い...
> 続きはこちら

「週刊粧業」に当事務所の記事が掲載されました!

事務所からのお知らせ 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 メディアへの当事務所記事のご案内です。 化粧品業界の専門紙である「週刊粧業」の10月3日発売号において、当事務所の紹介記事が掲載されました。 週刊粧業では、海外を巻き込んだ化粧品販売戦略についての特集シリーズを組んでおり、前回が「インバウンド」、つま...
> 続きはこちら

化粧品の成分分析試験を行う目的

化粧品成分分析 

こんにちは。 サニー行政書士事務所代表の岡村です。 今日もブログをご覧下さり、ありがとうございます。 当事務所では、化粧品の成分分析試験に係わるサポートも行っています。 成分分析のみを単体でご依頼頂くケースもあれば、化粧品輸入に伴う全般的な支援の一環として対応させて頂くケースもあります。 この成分分...
> 続きはこちら

行政書士向けの薬事業務研修会で講師を担当しました

薬事法務に臨む姿勢 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 本日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。 昨日、私も所属させていただいている「薬事法行政書士協議会」という任意団体主催で、初めての研修会を開催しました。   ◇研修会の概要、開催の経緯 研修会のタイトルは、 1から知りたい化粧品許認...
> 続きはこちら

米国の殺菌剤配合の薬用石けん、ボディソープ販売禁止措...

海外化粧品法規制情報 

こんにちは。 サニー行政書士事務所の岡村です。 本日もブログをご覧下さり、ありがとうございます。 今日のブログは、トリクロサン等の抗菌成分の、石けんやボディソープへの配合禁止についてです。 かなり、重要な、インパクトの大きいニュースかと思います。 本日発行の「海外化粧品法規制Newsletter」で...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る