化粧品輸入販売プロセス⑳~INCI名登録申請、日本語表示名称作成申請~|化粧品製造販売業許可・化粧品輸出入の専門家

サニー行政書士事務所

  • 0424074814

    電話受付 平日10:00~18:00

  • メールでのご依頼はこちらから

代表ブログ

化粧品輸入販売プロセス⑳~INCI名登録申請、日本語表示名称作成申請~

シリーズブログ『化粧品輸入販売プロセス』 ※通しで読みたい方向け! 

こんにちは。サニー行政書士事務所の岡村です。

前回は、輸入して販売しようとしている化粧品に配合されている成分について、INCI名や日本語成分表示名称が存在するかを事前確認するプロセスをご説明しました。

前回の記事:INCI名登録や日本語成分表示名称登録が必要な成分の有無チェック

この事前チェックを経て、もし成分の登録が無かった場合、いよいよINCI名や日本語表示名称の作成申請プロセスへと入っていくことになります。

 

INCI名の登録申請方法

まずINCI名ですが、アメリカにあるPCPC(Personal Care Products Council; 米国パーソナルケア製品協会)という権威団体が管轄しています。
その組織の担当窓口宛に、INCI名の登録申請を行うことになります。

実際には、PCPCのウェブサイトからのオンライン申請になります。
以下の写真は、そのオンライン申請を行う際のApplication Form画面です。
少々文字が小さくて恐縮ですが、このそれぞれのボックスに、指定された必要情報を入力していくことになります。

inci application

当然ながら、すべての言語は英語です。
製品規格書、製品成績書、SDS等手元の資料の情報を駆使して、INCI名登録申請用の情報に加工し直し、それらを適切に英語に翻訳して入力していかなければなりません。
手順に慣れていないと、相当の時間を要すると思います。

ちなみに当事務所では、登録申請に必要な情報の収集からそれら情報の加工修正、翻訳、そしてオンラインでの申請に至る全てのプロセスをシステム化しており、迅速な手続きを可能にしています。

INCI名は、年4~5回開催される審査委員会において、その名称が決定されます。
タイミングよく、その審査委員会にターゲットを合わせて申請すれば、命名まで3か月足らずに期間を短縮することも可能です。
また成分のタイプによっても、審査の期間は多少変動します。
当事務所ではこまめにINCI事務局と連絡を取り、開催予定の審査委員会のスケジュールを把握しておりますので、より適切な申請タイミングをお客様にご提案することが可能です
(審査委員会スケジュールは原則非公開でどこにも載っていません)。

 

日本語成分名称の登録申請方法

一方で、日本語の成分表示名称(全成分表示名称)ですが、これは紙の申請用紙を粧工連に郵送することで申請します。
申請のタイプにはA~Cの3種類があります。

A:既に存在するINCI名に対し成分表示名称を作成したい場合
B:今回新たに作成し決定通知が来たINCI名に対し成分表示名称を作成したい場合
C:現在登録申請中のINCI名に対し成分表示名称を作成したい場合

Cはさらに2つのタイプに細分化されます。

C1:申請中のINCI名取得後に成分表示名称の作成を希望する
C2:申請中のINCI名取得前に成分表示名称の作成を希望する

結論から言えば、C2の方法は、よほど自身が提案する成分表示名称に自信がある場合を除いてあまり採るべき選択肢ではありません。
その理由として、C2の方法ではケースによってはINCI名が出来上がってくる前に成分表示名称が作成されるのですが、「表示名称はあくまでも既存INCI名に基づき作成される」前提があるため暫定的(非公式)扱いになります。

そしてINCI名の決定通知が来たらすぐにその情報を粧工連に連携し、改めて再審査を行うことになり、あまりにも暫定日本語名とできあがったINCI名との間にかい離がある場合、日本語の成分名称は当初のものから変更されてしまうことになります。
あくまでも、後で再審査の結果出来上がった名称が「正式な」日本語表示名称となるので、先にできていた「暫定的な名称」は押しのけられてしまいます。
この点注意が必要です。

INCI名および全成分表示名称の作成申請については、別途専用の説明ページを設けておりますので、こちらをご参照ください。

 

当ブログのまとめ

◆INCI名の登録申請は、オンラインシステムを使って行う。管轄団体はアメリカのPCPCという組織。
◆日本語の成分表示名称の作成申請は、日本化粧品工業連合会(粧工連)に対し、郵送で申請書類を送ることで行う。
◆INCI名と日本語成分表示名称を同時並行で登録申請する場合、方法は2通りある。C1は無難な方法、C2は事後リスクあるが早く日本語名称が決まるメリットあり。

 

さて次回は、無事にINCI名、日本語表示名称が決まった後、成分名称を含むパッケージへの記載事項(法定表示)を整えるプロセスの説明です。
お読みくださり、ありがとうございました。

次回>>化粧品輸入販売プロセス21~製品ラべリング準備~

—————————————————————————————————————————————————————————–
「行政手続き」「成分分析」「INCI&全成分表示名称作成」の3つの側面からトータルサポート!
化粧品輸入手続きについての御依頼、お問い合わせは是非当事務所をご活用ください!
化粧品輸入サポート
お問い合わせ

参考になった!と思われた方。
善意のクリックをお願いいたします。


美容・ビューティー ブログランキングへ

ページトップへ戻る