2022年6月の海外トレンドニュース一覧|化粧品製造販売業許可・化粧品輸出入の専門家

サニー行政書士事務所

  • 0424074814

    電話受付 平日10:00~18:00

  • メールでのご依頼はこちらから

海外化粧品法規制NewsLetterバックナンバー

海外化粧品法規制 NewsLetter

無料で定期的に配信中! 詳しくはこちら

  • 今すぐ読者登録
  • バックナンバー

2022年6月の海外トレンドニュース一覧

☆★過去(2022/6月分)の主要ニュース★☆

 

■ 欧州 Europe

◆新しい世界:パンデミック後の美の世界に関するFIT研究からのポイント(2022/6/27)

FITによると、美容会社は、パンデミック後、自社の従業員と新世代の顧客の両方にアプローチする方法を変えていく必要があるようです。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2022/06/27/takeaways-from-fit-research-on-post-pandemic-beauty-world
 

◆「半歩先」:FIVEISM x THREEは、成長する男性の美容市場を活用するためのCOVID後の市場拡大計画の概要を示している(2022/6/17)

ジェンダーレスメイクアップブランドのFIVEISMxTHREEは、COVID-19の状況が緩和され、韓国、シンガポール、台湾などの新しい市場がそのカードに含まれるようになり、海外展開に着手しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2022/06/17/fiveism-x-three-outlines-post-covid-market-expansion-plans-to-tap-into-growing-men-s-beauty-market
 

■ アジア Asia

◆ブドウのアイデア:日焼け止めに含まれるブドウ種子エキスは、アジア人にアンチエイジング効果をもたらす可能性あり–タイの研究(2022/6/16)

日焼け止め配合物にブドウ種子エキスを加えると、アジアの肌にアンチエイジング効果があり、肌の全体的な若々しい外観が改善されることがわかっています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2022/06/16/grapeseed-sunscreen-extract-in-sunscreen-could-have-anti-ageing-benefits-for-asians-thai-study
 

◆中国の焦点:急成長する中国の美容市場の最新動向(2022/6/23)

Yatsen、Kose、Cotyなどからのニュースを特集し、エキサイティングな中国の美容市場における最新の動向をまとめます。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2022/06/23/china-focus-latest-developments-in-china-s-booming-beauty-market
 

◆K-beauty vs eco:化粧品業界は、より環境に配慮した製品に対するパンデミック後の需要によってセクターに最も大きな影響を与えた(2022/6/14)

韓国国際貿易協会(KITA)による新しい調査によると、韓国の化粧品業界は、パンデミック後の環境に配慮した製品の需要によって最も大きな影響を受けたセクターでした。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2022/06/14/k-beauty-industry-most-significantly-impacted-sector-by-post-pandemic-demand-for-greener-products
 

■ 米国 US

◆NPD「米国の消費者は以前の化粧習慣に戻っている」(2022/6/27)

ほとんどのマスク要件が解除され、より多くの人々が職場、旅行、イベントに戻るようになった今、米国の女性は以前の化粧の習慣に戻っています。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/u-s-consumers-are-back-to-their,20527
 

◆プラスチック汚染の問題:TheBodyShopのプラスチック廃棄物調査からの3つのポイント(2022/6/29)

プラスチックは重要な包装材料であり、一般的な汚染物質でもあります。TheBody Shopは、アメリカ人が最も捨てる化粧品のプラスチックを知りたがっていました。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2022/06/29/three-takeaways-from-the-body-shop-plastic-waste-study
 

◆データ:2031年までに2,510万ドルに達する抗疲労化粧品(2022/6/16)

世界的な特殊素材企業のイーストマンと提携し、高級化粧品のパッケージにリサイクルおよび/またはリサイクル可能なプラスチックを使用して、2025年の持続可能性の目標を達成することを計画しています。
Fact.MRによると、抗疲労化粧品市場は2031年までに2,510万ドルに達すると予想されています。成長は、十分な睡眠の欠如と組み合わされた、ストレスと倦怠感のレベルの上昇に起因します。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/consumers-market/news/22276116/data-antifatigue-cosmetics-to-reach-251m-by-2031
 

■ その他 Others/Global

◆市場データ:アクティブな化粧品成分の予測(2022/6/13)

グローバルインダストリーアナリストの市場調査によると、化粧品原料の世界市場は2026年までに43億ドルに達し、5.5%のCAGRで成長すると予測されています。市場は2022年に35億ドルと評価されています。レポートは、製品とサービスの需要がパンデミック前に戻る兆候を示しており、セクター内の競争の激しさが高いことを示しています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/consumers-market/news/22262888/market-data-active-cosmetics-ingredients-forecast
 

◆「これに似た製品は他にありません」:Biologiの「最もエキサイティングな」血清発売は、汚染から保護する野生で収穫された抽出物を特徴としている(2022/6/13)

オーストラリアのクリーンな薬用化粧品ブランドBiologiは、これまでで最もエキサイティングな発売であると信じているものを紹介しました。これは、ビタミンC、ナイアシンアミド、サリチル酸を含む野生で収穫された抽出物を特徴とする汚染防止セラムです。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2022/06/13/biologi-s-most-exciting-serum-launch-features-wild-harvested-extract-that-protects-against-pollution
 

◆化粧品包装に「未来志向の素材」をもたらすWWPビューティー(2022/6/23)

WWP Beautyのようなパッケージサプライヤーは、プラスチックと植物の両方で、従来のPCRプラスチックを超える持続可能なパッケージコレクションを導入しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2022/06/24/wwp-beauty-on-bringing-sustainable-cosmetics-packaging
 

◆エコブースト:APAC全体の持続可能な美容における最近の5つの開発(2022/6/28)

今日の美容で最もホットなトピックの1つに関連する、最も読まれている5つのストーリーをまとめ、アジア太平洋地域からの持続可能な美容運動に対する革新的なソリューションを紹介します。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-asia.com/Article/2022/06/28/eco-boost-five-recent-developments-in-sustainable-beauty-across-apac
 

◆消費者の最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームが明らかに(2022/6/29)

YouTube、Instagram、Facebookは、インフルエンサーマーケティングとソーシャルセリングに牽引され、消費者が選んだプラットフォームでした。
詳細:https://cosmeticsbusiness.com/news/article_page/Consumers_most_popular_social_media_platforms_revealed/201873
 

◆勝つ方法…パンデミック後の実店舗の状況の変化の中での美容消費者(2022/6/29)

Sephora、Lush Cosmetics、Health&Glow、SUGAR Cosmeticsなどの主要ブランドは、COVIDの大流行を受けて、店内の消費者体験をどのように再定義しているかについての洞察を独占的に共有しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-asia.com/Article/2022/06/29/Beauty-retail-analysis-How-to-win-over-beauty-consumers-in-the-shifting-post-pandemic-retail-landscape
 

◆トレンド:コラーゲン血清(2022/6/29)

Spateによると、コラーゲン血清の検索数は増加しており、米国では毎月14.6Kのコラーゲン血清の検索が行われているとのことです。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/consumers-market/news/22301735/spate-trends-collagen-serum

ページトップへ戻る