2021年3~5月の海外トレンドニュース一覧|化粧品製造販売業許可・化粧品輸出入の専門家

サニー行政書士事務所

  • 0424074814

    電話受付 平日10:00~18:00

  • メールでのご依頼はこちらから

海外化粧品法規制NewsLetterバックナンバー

海外化粧品法規制 NewsLetter

無料で定期的に配信中! 詳しくはこちら

  • 今すぐ読者登録
  • バックナンバー

2021年3~5月の海外トレンドニュース一覧

☆★過去(2021/3~5月分)の主要ニュース★☆

 

■ 欧州 Europe

◆ロレアル次期CEO、「消費者はブランドや企業に完全な透明性を期待している」と語る(2021/3/5)

ロレアルの副最高経営責任者 (CEO) は、世界中の美容消費者は、信頼性が低く偏った情報に悩まされているデジタル世界において、製品の処方や成分について、オープンで正直なブランドコミュニケーションを求めていると述べています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/03/05/L-Oreal-drives-transparency-efforts-as-COVID-19-accelerates-consumer-demand?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆ビューティーブランド、持続可能性への消費者の関与の高まりを「確実に刺激」することができる: WWF(2021/3/8)

世界自然保護基金 (WWF) のシニアパートナーシップマネージャーは、消費者は持続可能性への関心を高め続けており、個人の責任をより重視しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/03/08/Sustainable-beauty-action-across-supply-chain-can-empower-consumers-says-WWF?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆「マイルストーン」の瞬間: ガルニエ、Leaping Bunny を世界的に認定される(2021/3/9)

ロレアルのガルニエブランドは、そのグローバルポートフォリオにおいて、Cruelty Free InternationalによるLeaping Bunny認定を受けました。それは数カ月に及ぶ広大なサプライヤネットワークとの協力の結果でした。大規模スケールの美容業界において実現可能であるとまさに証明した動きだったとCruelty Free International CEOは述べます。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/03/09/Garnier-products-now-Leaping-Bunny-certified-by-Cruelty-Free-International-in-milestone-move?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆日焼け止め製品中のオクトクリレン(Octocrylene)はベンゾフェノン(benzophenone)に分解―研究(2021/3/21)

日焼け止めやアンチエイジングクリームによく使われる有機UVフィルターであるオクトクリレン(Octocrylene)は、ベンゾフェノン(benzophenone)に分解されます。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/octocrylene-in-sunscreen-products,18100
 

◆無駄のない時代?すべての美容ブランドは「改革、再配置、更新」が可能(2021/3/23)

美容とパーソナルケアの世界が循環型の美しさを実現する方法を模索する中で、消費者は「クリーン」と定義する急成長しているカテゴリーで無駄をなくし、サプライチェーンの透明性を実現したいと考えていると美容の専門家は述べています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/03/23/Circular-beauty-brands-must-consider-zero-waste-transparency-green-chemistry-and-sustainable-sourcing-says-Undrgrnd-Beauty?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆2021年3月に最も読まれた記事のトップ 5: コルゲートのデザイン主導の研究開発、ガルニエの動物実験のない、持続可能な美への移行(2021/4/1)

2021年3月以降のCosmetics Design-Europeの最も読まれたニュースで関心を寄せられた記事は、Colgate-Palmoliveのデザイン主導のイノベーション戦略、ガルニエのLeaping Bunny認証、ロレアル&タイポロジーのグリーンビューティー目標などです。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/04/01/Beauty-cosmetics-and-personal-care-news-March-2021-Colgate-innovation-Garnier-Leaping-Bunny-L-Oreal-green-sciences?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆「ただ水を加えるだけ」: スウェーデンのスタートアップ、粉末のパーソナルケアラインでライフロングな視点を拡大(2021/4/12)

スウェーデンのエコスタートアップ企業Lifelongは、消費者が水と混ぜて耐久性のある容器に保管する必要がある一連の粉末パーソナルケア製品を開発しました。
詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN.COM/ARTICLE/2021/04/12/ECO-FRIENDLY-PERSONAL-CARE-STARTUP-LIFELONG-SAYS-WATERLESS-POWDERED-FORMULATIONS-IN-COMPOSTABLE-PACKAGING-THE-FUTURE
 

◆ガルニエ社長:「消費者を連れていく」ことが循環美の主流化の鍵となる―「それは私たちの仕事」(2021/4/22)

ロレアル・ガルニエ社長は、消費者を教育し、循環型の美しさのループをまとめて閉じることができるようにすることが、世界中の取り組みの主流化に不可欠であると述べています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/04/22/Garnier-Green-Beauty-push-needs-consumer-engagement-to-mainstream-circularity-says-president?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆2023年の美容ビジネス:「完全な透明性は譲れない」とWGSNは言う(2021/4/27)

WGSNのビューティー担当ディレクターは、人々と地球の純益に貢献する透明性が高く、積極的な美容ブランドが2023年に成功する唯一のタイプのビジネスになると述べています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/04/27/Consumer-trends-post-COVID-in-beauty-to-demand-ethical-inclusive-and-sustainable-beauty-says-WGSN?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆ロレアル・パリ、2030 年までにCO2排出量を半減:「私たちはこの10年で変化を遂げる」とグローバルヘッド(2021/4/28)

ロレアル・パリは今後 10 年間の環境目標を発表し、2030 年までに二酸化炭素排出量を 50% 削減し、パッケージング ポートフォリオ全体を軽量化または持続可能な方法で転換することを誓います。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/04/28/L-Oreal-Paris-2030-climate-goals-aim-to-halve-CO2-emissions-and-innovate-in-sustainable-packaging
 

◆C.アクネ菌アシスト: ニーズの変化に対応する進化するスキンケア、解説(2021/4/30)

現在の議論は、青年期から成人期に変化する皮膚の欠陥に対処するためのプロバイオティクスとしてC. アクネ菌を利用する可能性を探ります。このアプローチを完全にサポートする技術はまだ開発中ですが、研究は、それが進化する皮膚の懸念への前進の道になる可能性があることを示唆しています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/C-acnes-Assist-Evolving-Skin-Care-for-Changing-Needs-A-Commentary-574322991.html
 

◆エッセンシャルオイル、化粧品の天然香料源として「非常に多用途」: レビュー(2021/5/4)

エッセンシャル オイルは、ここ数年で化粧品の中で復活を遂げており、今後も急増し、自然でユニークで心地よい香りを広範囲に与えるだけでなく、生物活性のあるパンチを詰め込む能力が高く評価されているとレビューは述べています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/05/04/Essential-oils-in-cosmetics-to-continue-surge-amid-natural-fragrance-and-active-needs-finds-review?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆クリーンでエシカルな美しさ:なぜそれが重要なのか、誰が行動しているのか、そして未来はどうなっているのか(2021/5/6)

クリーンでエシカルな美容運動は、環境、社会、ビジネス、消費者のさまざまな要因に支えられて、近年大きな牽引力を獲得しており、Cosmetics Design Europe はこの運動をしばらくの間綿密に追跡してきました。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/05/06/Clean-and-ethical-beauty-trends-supply-chain-sourcing-marketing-and-future-for-2021?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆Research Links 腸内細菌と炎症性皮膚疾患(2021/5/17)

腸と皮膚の主軸は、これまでにきびや乾癬などの皮膚疾患に関連していました。EADV 2021シンポジウムで発表された研究は、炎症性皮膚状態である化膿性汗腺炎に関連する発見とこの関連性を強調しています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Research-Links-Gut-Microbes-and-Inflammatory-Skin-Disease-574438001.html
 
 

■ アジア Asia

◆資生堂、皮膚のデジタル疲労の悪影響を分析(2021/5/4)

資生堂は、デジタル疲労が肉体的および精神的疲労を増加させるだけでなく、肌に悪影響を与えることを明らかにしました。例えば、バリア機能の低下、角質細胞の不規則性、酸化的損傷の増加。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Shiseido-Decodes-Negative-Impact-of-Digital-Fatigue-in-Skin_574346551.html
 

◆アモーレパシフィック、遺伝性皮膚バリアレギュレーター、病変のつながりを発見(2021/5/26)

アモーレパシフィックは、「バイオビッグデータ解析技術」と呼ばれるものを利用して、皮膚バリア形成を制御する遺伝子であるEGR3の役割とエピジェネティックなメカニズムを特定しました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Amorepacific-Discovers-Genetic-Skin-Barrier-Regulator-Lesion-Connection_574494211.html
 
 

■ 米国 US

◆オートファジー活性化ペプチド、にきびを減らし、バリア機能を改善(2021/3/15)

ペプチドの局所適用により、閉鎖面皰、皮膚表面脂質および経表皮水分損失が減少しました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Autophagyactivating-Peptide-Reduces-Acne-and-Improves-Barrier-Function-573995061.html
 

◆循環美: 持続可能な調達、グリーンケミストリー、エコデザインの未来(2021/3/24)

世界の美容業界は、循環性を主流の現実にするために懸命に取り組んでおり、複雑なサプライ チェーンのあらゆる側面を再発明および再考しています。しかし、業界がループを閉じようとするとき、未来はどうなるのでしょうか?
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/03/24/Circular-Beauty-CosmeticsDesign-webinar-with-Garnier-TerraCycle-Beauty-Kitchen-Cradle-to-Cradle-and-The-Green-Chemist-Consultancy?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆ザ・エスティローダーカンパニーズ、持続可能な美容パッケージングのために分子リサイクル技術を活用(2021/3/31)

世界的な特殊素材企業のイーストマンと提携し、高級化粧品のパッケージにリサイクルおよび/またはリサイクル可能なプラスチックを使用して、2025年の持続可能性の目標を達成することを計画しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/03/31/Estee-Lauder-molecular-recycling-tech-sustainable-packaging?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆持続可能な段階的変化: 循環型の美しさは現実の主流になることができるか?(2021/4/8)

美容メーカー、サプライヤー、小売業者の多くは、今後10年間に重要な持続可能性を約束してきましたが、リニア(直線)型ビジネスモデルを循環型の働き方へシフトする取り組みへのキックスタートと同時にサプライチェーン全体に多くの課題が残されています。
詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN.COM/ARTICLE/2021/04/08/CIRCULAR-BEAUTY-EXPERTS-DISCUSS-BEAUTY-ACTION-NEEDED-TO-MAKE-MODEL-MAINSTREAM-IN-COSMETICSDESIGN-WEBINAR
 

◆[動画]コスメティック・ビクトリーズ 2021受賞者のプロフィール: 持続可能なスマート・デリバリー・カプセル(2021/4/13)

スマート・デリバリー・カプセルは、グリーン・ケミストリーに基づいており、活性化合物を角質層に運びます。このイノベーションは、2021年コスメティック・ビクトリーズ・コンペティションで業界賞を受賞しました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/methodsprocesses/Cosmetic-Victories-2021-Winner-Profile-Sustainable-Smart-Delivery-Capsules-574196381.html
 

◆研究により、大腸菌がビーガンカルミンを生成する可能性があることが判明(2021/4/14)

Journal of the American Chemical Society に掲載された最近の研究では、大腸菌がカルミン酸を生成できることが示されています。このカルミン酸は、ビーガンおよびクルエルティフリーの化粧品用の生合成カルミンの可能性を秘めています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Study-Finds-Ecoli-Could-Produce-Vegan-Carmine_574205291.html
 

◆子宮内膜症のリスクに関係する化粧品中のベンゾフェノン(benzophenone)、パラベン(2021/4/15)

Environmental Research に掲載された研究は、化粧品の使用頻度がベンゾフェノン(benzophenone)とパラベンへの暴露の強力な予測因子であり、これらの化合物が子宮内膜症のリスクを高める可能性があることを示唆しています。さらなる研究が保証されています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Benzophenones-Parabens-in-Cosmetics-Implicated-in-Endometriosis-Risk-574213101.html
 

◆クリーンでエシカルな美しさ、米国Z世代の消費者にとって明らかな選択肢(2021/4/19)

ここ数カ月、環境に配慮し政治的に熱心なZ世代のメンバーは中古ファッション主義の満足度が非常に高く、米国ではますますユーズド衣類の売買が行なわれています。投資銀行パイパー・サンドラーが米国47州の10代7,000人の自由裁量支出の傾向とブランドの好みについて行った調査によると、美容に関してはいわゆるクリーンでナチュラルな製品は当然の選択です。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/clean-and-ethical-beauty-is-an,18314
 

◆TerraCycle CEO: 循環型の美しさは、製品の「分子を尊重」し、長寿命にすること(2021/4/20)

製品を構成する分子に可能な限り長い寿命を与えることは、循環の本質であり、美容における再利用の動きは、特にエキサイティングで革新的な前進であると米国のリサイクル大手テラサイクルのCEO兼創設者は述べています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/04/20/Reusable-beauty-movement-key-for-circular-economy-future-says-TerraCycle-CEO?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆Climate Neautral、業界の二酸化炭素排出量を削減するため美容ブランドと提携(2021/4/21)

この非営利団体は、さまざまな業界の企業と協力して、炭素排出量を測定、オフセット、および削減しています。8つの美容ブランドがこの1年間でClimate Neautralの認定を受けており、2021 年にはさらに多くのブランドが署名しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/04/21/Climate-Neutral-decreasing-beauty-industry-carbon-emissions?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆CBDの抗酸化作用、抗炎症作用ケラチノサイトで確認される(2021/5/13)

Journal of Natural Products に掲載された研究では、カンナビジオール (CBD) がヒトの皮膚のケラチノサイトで抗酸化作用と抗炎症作用を発揮するメカニズムが確認されています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Antioxidant-Anti-inflammatory-Effects-of-CBD-Confirmed-in-Keratinocytes-574411321.html
 

◆グリーンケミストリー、循環型の美しさを約束する「考え方」であると専門家は言う(2021/5/20)

グリーンケミストリーはデザイン上循環型であるため、長期的に環境への影響を改善しようとする美容業界にとって重要なツールを提供すると専門のコンサルタントは述べています。
詳細:HTTPS://WWW.COSMETICSDESIGN.COM/ARTICLE/2021/05/20/12-PRINCIPLES-OF-GREEN-CHEMISTRY-HOLD-CIRCULAR-BEAUTY-PROMISE-SAYS-EXPERT-CONSULTANT
 

◆クルクミンナノ粒子、日焼け止めの有効なアジュバントになる可能性(2021/5/24)

クルクミンナノ粒子で前処理されたマウスは、コントロールグループのマウスよりも、紅斑と炎症が少なく、UVBへの暴露後にアポトーシスが減少し、p53発現が減少しました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/chemistry/Curcumin-Nanoparticles-May-Be-Viable-Adjuvant-for-Sunscreen-574484481.html

ページトップへ戻る