海外化粧品法規制NewsLetter/ 2021/3/26 <海外トレンド特集>|化粧品製造販売業許可・化粧品輸出入の専門家

サニー行政書士事務所

  • 0424074814

    電話受付 平日10:00~18:00

  • メールでのご依頼はこちらから

海外化粧品法規制NewsLetterバックナンバー

海外化粧品法規制 NewsLetter

無料で定期的に配信中! 詳しくはこちら

  • 今すぐ読者登録
  • バックナンバー

2021年2月の海外トレンドニュース一覧

☆★過去1か月間(2021/2月)の主要ニュース★☆

 

■ 欧州 Europe

◆1年後:Covid-19、どのように美しさを形作ったか(2021/2/2)

英国でCovid-19の最初の症例が検出されてから1年後、化粧品ビジネスは他に類を見ない美容業界を形作った年を振り返ります。
詳細:https://cosmeticsbusiness.com/news/article_page/One_year_on_How_Covid-19_shaped_beauty/174167
 

◆バクテリアセルロース:次の話題はアクティブビューティーな天然ポリマー?(2021/2/4)

化粧品用途におけるバクテリアセルロースへの関心は、皮膚の水分補給と活性化合物の効果の将来性によって急成長しています。この天然に存在するナノ材料の美容研究はまだ始まったばかりであると研究者は言います。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/02/04/Biocellulose-masks-increase-in-cosmetics-but-scientific-studies-on-bacterial-cellulose-nascent
 

◆フランス、化粧品輸出2009年以来の減少(2021/2/8)

フランスの化粧品の輸出は、2020年に昨年と比較して11.8%減少し、2009年以来初めてでした。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/french-exports-of-cosmetic,17935
 

◆皮膚の保護:ミンテルによれば、消費者はもっと欲しがっている(2021/2/9)

封鎖中、スクリーンへの露出が増加し、太陽と汚染への露出が減少したことで、皮膚保護のニーズが再定義されました。 最新の研究では…
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/skin-protection-consumers-want,17955
 

◆2021年のメンタルヘルス、デジタルディスカバリー、環境倫理上の重要な世界的美容トレンド:ミンテル(2021/2/10)

トータルウェルネスは今や美容ルーチンに不可欠であり、COVID-19は多くの消費者に、より倫理的なブランドを優先させ、デジタル体験と製品品質に関する期待の高まりを加え、2021年には注目すべき重要な動きがたくさんあります。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/02/10/Mintel-global-beauty-and-personal-care-trends-2021-highlight-wellbeing-digital-and-eco-ethical-as-key
 

◆アクティブビューティーペプチド:「最も関連性のある」問題は、バイオアベイラビリティと安定性(2021/2/16)

ペプチドはますます活性美容成分として使用されており、これらのアミノ酸鎖のバイオアベイラビリティと安定性がますます精査されており、これらの側面を改善するために多くの新しい化学的および物理的方法が
現在テストされています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/02/16/Peptides-as-active-ingredients-in-cosmetics-face-bioavailability-stability-challenges-finds-review
 

◆L’Oréal Active Cosmetics社長:COVID-19は肌の健康をスキンケアの「コアな期待」に変えました(2021/2/19)

L’Oréal Active Cosmetics社長によると、消費者が肌のバリア保護、水分補給、クレンジングに関する新しいニーズを埋めるブランドを探しているため、進行中のCOVID-19危機が肌の健康を美容アジェンダの最上位に押し上げました。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/02/19/L-Oreal-Active-Cosmetics-2020-success-underpinned-by-COVID-19-skin-health-trends
 

◆プロテインフォールディングはアンチエイジング化粧品の形を変えることができる?(2021/2/22)

「老化した細胞でシャペロン[タンパク質]と折りたたまれていないタンパク質応答経路を助けることは、細胞にとって、そして続いて皮膚にとって有益であることが判明する可能性があります…さらなる研究はこの新しいアプローチにもっと光を当てるでしょう。」
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Could-Protein-Folding-Reshape-Anti-aging-Cosmetics-_573845991.html
 

◆CBDスタートアップ、「大麻のハットグループ」創立目標のキックスタートに115万ユーロを調達(2021/2/22)

ロンドンを拠点とするスタートアップSouthWest Brandsは、ビジネス開始に十分な資金を調達後、最初の2つのカンナビジオール(CBD)美容ブランドを立ち上げる準備ができています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/02/22/CBD-startup-South-West-Brands-to-launch-two-beauty-brands-in-self-care-and-menstrual-care
 

◆ドイツプレステージビューティー売上高、2020年に16%減少したとNPDが報告(2021/2/20)

ドイツは、ヨーロッパの5大プレステージ美容市場の中で最小の減少を示しました。封鎖期間が短くて軽いおかげで、全体的な売上高の減少が20%を下回っているのはこの国だけです。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/germany-prestige-beauty-sales,18022
 

◆トレンドアラート:美容消費者は免疫力を高めるスキンケアの準備ができている(2021/2/24)

COVID19のパンデミックは、私たちの生活と健康に広範囲にわたる影響を及ぼしました。最も直接的な影響は、肉体的および精神的両方の私たちの全体的な健康への懸念です。同時に、ウェルネスとスキンケアは収束しています。その結果、免疫化粧品は市場で真の期待を示しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/02/24/Trend-Alert-immunity-boosting-skin-care
 

◆クラリソニックを超えて?ロレアル、ボイスキュースマートスキントリートメントデバイスの特許を申請(2021/2/24)

国際的美容大手のロレアルは、ユーザーからの声の合図に応じて、さまざまなクレンジングとマッサージのオプションを提供する電動スキントリートメントデバイスを開発しました。次に、使用時に統合スピーカーを介してスマートな音声フィードバックとガイダンスを提供します。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/02/24/L-Oreal-patents-smart-skin-cleansing-facial-device-that-uses-audio-and-sensors
 

◆2021年ミンテル、4つの主要な美容とパーソナルケアのトレンド(2021/2/28)

Covid-19のパンデミックの影響を強く受け続けているが、ワクチンがより良い未来への本当の希望をもたらしている世界では、消費者は化粧品やパーソナルケア製品に期待することを再評価しながら正常に戻ることを楽しみにしています。最近の期間はまた、彼らのほとんどが新しい小売チャネルを実験し、ブランドからの倫理的期待を強化することにつながりました。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/mintel-s-four-key-beauty-and,18043
 
 

■ アジア Asia

◆提案―頭皮の炎症を減らすために不飽和脂肪酸を狙う(2021/2/1)

皮脂の一部の成分は、炎症、炎症、その他の問題を引き起こす可能性があります。したがって、それらの選択的な除去は、有益なコンポーネントを残しながらリスクを軽減します。本記事は、刺激のリスクをもたらす成分を調査し、それらの除去の実現可能性を考慮し、この能力を保持できる成分を特定することによって、そのようなアプローチを提案します:ラウリン酸ポリグリセリル-10。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/chemistry/Targeting-Unsaturated-Fatty-Acids-to-Reduce-Scalp-InflammationA-Proposal-573702551.html
 

◆資生堂、シワと「シワ前」の根本原因を明らかに(2021/2/15)

資生堂の3Dイメージング技術は、しわや「前しわ」の根本原因、つまり角質層と真皮の間の弾力性のギャップを明らかにしました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Shiseido-Uncovers-Root-Cause-of-Wrinkles-and-Pre-wrinkles_573798421.html
 
 

■ 米国 US

◆業界の洞察:抗菌機能がヘアケアに参入(2021/2/1)

美容業界は、パンデミック中の消費者ニーズの突然の変化に適応することを学びました。たとえば、健康への関心が高まっていることを踏まえて、特にある会社は潜在的な病気の原因となる細菌の除去を目標にしながら、髪と頭皮をケアする抗菌製品ラインを立ち上げました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/marketdata/finished-product-launches/Industry-Insight-Antibacterial-Functionality-Enters-Hair-Care-573674951.html
 

◆スカルプケア101:生物学、状態、および回答の作成(2021/2/1)

頭皮は体のユニークな部分であり、顔の延長であり、多くの場合、髪の成長のための集中した領域です。この記事は、頭皮の生物学、潜在的な頭皮の皮膚の状態、頭皮の健康を維持するための戦略の策定に関する入門書として役立ちます。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/biology/Scalp-Care-101-Biology-Conditions-and-Formulating-Answers-573702711.html
 

◆CredoとChemFORWARD、化学物質の危険性に関するデータベースを共同設計(2021/2/4)

CredoとChemFORWARDは、処方者、ブランド、その他の化学物質の危険性のデータベース、および成分とパッケージの安全な代替品のデータベースを共同設計することに同意しました。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/techtransfer/Credo-and-ChemFORWARD-Codesign-a-Database-for-Chemical-Hazards-573730161.html
 

◆美容製品フォーマットの革新に関する5つの洞察(2021/2/8)

パーソナルケアの起業家であり、ゼロウェイストの提唱者であるジェイム・ジェンキンスは、エベリストシャンプーコンセントレートの開発と発売についての洞察を共有しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/02/08/5-Insights-on-beauty-product-format-innovation-Everist
 

◆Clinal Data Sharing:Codex BeautyLabsの新しいラベリング戦略(2021/2/10)

化粧品およびパーソナルケア業界における透明性と消費者教育を促進することを目的とした動きの中で、スキンケアの新興企業はすべての製品パッケージに関する臨床効果データの共有を開始しました。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/02/10/Clinal-Data-Sharing-Codex-Beauty-Labs-new-labeling-strategy?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆スキンケアエマルゲル、マイクロエマルジョン用のテオブロマカカオ(2021/2/12)

今後のIndustrialCrops and Productsで発表される研究では、スキンケアでのマイクロエマルジョンおよびエマルゲルでのカカオ豆グリコール抽出物の使用が調査されています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/universitydata/Theobroma-Cacao-for-Skin-Care-Emulgels-Microemulsions-573784121.html
 

◆アンチエイジングの可能性に満ちた赤と白のワイン(2021/2/12)

Antioxidantsに発表された研究は、赤ワインと白ワインの抽出物の抗酸化作用とアンチエイジングスキンケアの可能性を明らかにしています。
詳細:https://www.cosmeticsandtoiletries.com/research/universitydata/Red-and-White-Wine-Steeped-in-Anti-aging-Potential_573784471.html
 

◆米国プレステージビューティーの売上高、2020年に19%減少したとNPDが報告(20201/2/16)

米国でのプレステージ美容製品の売上高は、2020年に前年比で19%減少しました。 米国の美容市場は、フランス(-24%)や英国(-20%)よりもわずかに好調でした。 他の国と同様に、eコマースの売上はパフォーマンスの向上に役立ち、2020年には46%増加しました。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/u-s-prestige-beauty-sales-declined,17992,en
 

◆カンナビノイドと化粧品:大麻美容市場の現在、新しくそして次のこと(2021/2/19)

栽培およびバイオテクノロジーソースからのCBD、CBG、CBC、CBDV、およびTHCVは、局所スキンケア成分として勢いを増し続けています。ここでCosmetics Designは、カンナビノイドの美しさにおける新しい成分技術、新しいアプリケーション、および新製品に注目しています。
詳細:https://www.cosmeticsdesign.com/Article/2021/02/19/Cannabinoids-and-Cosmetics-the-cannabis-beauty-market?utm_source=copyright&utm_medium=OnSite&utm_campaign=copyright
 

◆CBG、CBGAの発酵プロセス、小規模な商業デモンストレーション(2021/2/20)

カンナビノイド製品の開発者は、独自の発酵プロセスからのCBGおよびCBGAの生産を成功裏に実証したと発表しました。
詳細:https://www.cosmeticsdesign-europe.com/Article/2021/02/10/Company-demonstrates-small-commercial-scale-fermentation-process-for-CBG-GBGA
 
 

■ その他地域

◆ブラジルのABIHPEC、非常に不確実な時期にもかかわらず、2021年に楽観的(2021/2/25)

Covid-19の発生に関連する課題によって中断された対照的な年の後、ブラジル個人衛生製品、香水および化粧品協会(ABIHPEC)のエグゼクティブプレジデントであるJoão Carlos Basilioは、2021年は楽観的な見方をしています。まだ知られていませんが、ブラジルの化粧品市場は、2020年に成長を遂げる世界でも数少ない市場の1つになると予想されています。
詳細:https://www.premiumbeautynews.com/en/brazil-s-abihpec-is-optimistic-for,18037
 
 

ページトップへ戻る